多くの人が知らない大腸の働きとは?②

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

多くの人が知らない大腸の働きとは?①

というテーマでお伝えしました。

(前回の記事はこちら)→多くの人が知らない大腸の働きとは?①

 

今回も、

多くの人が知らない大腸の働きとは?②

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

今日は

結腸

についてです。

 

結腸は、

上行結腸→横行結腸、下行結腸→S状結腸→直腸

の順番に続いていきます。

 

この結腸の役割としては、

主に腸内細菌が深く関係してきます。

 

①消化・吸収

腸内細菌は、食物繊維の発酵、水分、電解質吸収、

ビタミン、ホルモン、短鎖脂肪酸産出を行ってくれます。

 

②排泄

これは言うまでもありませんが、便の排泄です。

 

③免疫

これには善玉菌、悪玉菌、日和見菌が関係しています。

さらに大腸で面白いのが、神経支配と動脈です。

盲腸〜下行結腸は迷走神経、上腸間膜動脈支配です。

下行結腸〜直腸は骨盤神経、下腸間膜動脈支配です。

 

なので、

大腸のどこに問題があるかで、

痛みが出る場所も変わってきます。

 

以前、面白い症例があって、

重度の便秘で、

腰痛に悩まされている方がいらっしゃいました。

 

しかし、

排便が上手くいきだすと、

腰痛が治った方がいらっしゃいました。

 

これは、

S状結腸〜直腸に溜まった宿便による

骨盤神経への悪影響が関与していました。

 

さらに結腸は、

構造的な問題で上にある臓器の影響を受けます。

 

内臓疲労が起こると、

臓器は後下方へ変位するパターンが多いので、

肝臓疲労→上行結腸、脾臓→下行結腸

というような構造的な影響も受けます。

 

なので、

基本的に1つの臓器を見るのではなく、

構造的な位置を把握した上で全体を診ていく事も

重要になっていきます。

 

この辺りも意識して、治療してみて下さい!

次回は生理痛を例にして書いていきたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92