多くの人が知らない大腸の働きとは?①

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

大地のエネルギーと栄養の関係

というテーマでお伝えしました。

(前回の記事はこちらからどうぞ)

大地のエネルギーと栄養の関係①

大地のエネルギーと栄養の関係②

 

今回は、

多くの人が知らない大腸の働きとは?①

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

あなたは

大腸の働きを知っていますか?

 

私は内臓治療を知る前、

便を排泄してくれる所という認識しかありませんでした。

 

主な働きは

1、消化・吸収

2、排泄

3、免疫

です。

 

大腸は、

盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸

これらすべて含めて大腸と呼びます。

 

盲腸に関しては、

免疫にすごく関わりが深いです。

 

特に重要なのは

回腸と盲腸の境目にある、

回盲弁です。

 

これは主に小腸への細菌の逆流を防いでいます。

回盲弁を調整しているのは、

回盲弁括約筋と呼ばれる

平滑筋です。

 

さらに盲腸は免疫に関わる、

善玉菌も備蓄しています。

 

その回盲弁ですが、

臍と右ASISを結んだ線の

1/3 ASAS側

触診する事ができます。

 

ここを触診して、

圧痛がある場合は

解毒や免疫系に何かしらの問題があります。

 

春先になり花粉症の時は、

臨床上、ここに硬さが生じ易いです。

 

少し余談ですが、

アルコールを多量摂取している人も

ここに問題がある場合が多い印象を臨床で受けます。

 

なので、まずは、

排泄を促して、

免疫を上げるイメージで施術していくと良いと思います。

 

やはり、

排泄(解毒)機能が上がってないのに、

免疫を上げる事は難しいです。

 

さらに迷走神経である横隔神経と繋がっているので、

歪みの影響から頚部痛が出たり、

頚部の右側屈しやすくなるので、

頚部の左側屈制限の原因にもなったりします。

 

頚部や肩に問題があるような方や

免疫や排泄機能が絡んでいる疾患や症状の方を診る際は、

是非、この回盲弁辺りもチェックするようにしてみて下さい!

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92