動物性蛋白質を過剰摂取した時のもう1つの問題とは?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

動物性蛋白質を摂取した時の身体の反応とは?

というテーマでお伝えしました。

前回の復習のこちらからどうぞ

動物性蛋白質を摂取した時の身体の反応とは?

 

 

今回は、

動物性蛋白質を過剰摂取した時のもう1つの問題とは?

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

前回は、

肉類を摂ると純粋なエネルギー源ではなく、

窒素が含まれているのでそれを代謝させるために肝臓や腎臓に

負担がかかるという点をお伝えしました。

 

今回は、

もう1つの問題点をお伝えしたいと思います。

 

肉類を食べると血液が酸性に傾きますので

身体はそれを中性に戻そうとする働きをします。

 

どのような働きをするのかというと、

骨や歯に含まれているカルシウム(アルカリ性)を溶かして血液に送り

体内を中性に保つという働きをします。

 

これを【脱灰】と言います。

 

なので、

肉類を摂りすぎるとどんどん骨の中のカルシウムがなくなり

骨粗鬆症や骨折のリスク、骨の変形が起こったりしますし、

カルシウムが血管内に入ることで沈着してしまいます。

 

そうなると、

血流量が悪くなったり、

神経伝達が上手くいかなかったりするなどの問題が起こってきます。

 

動物性蛋白質を摂り過ぎるとメリットとしては、

筋肉が付きやすくなることやアミノ酸に変わりやすい点がありますが

上記のようなデメリットもあることをきちんと患者さんに情報として

伝えた上で患者さんがどうしていくのかということを選択できるように

内臓治療プラス栄養指導を臨床で実践してみて下さい。

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92