動物性蛋白質を摂取した時の身体の反応とは?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

植物性蛋白質vs動物性蛋白質

というテーマでお伝えしました。

前回の復習はこちらからどうぞ

植物性蛋白質vs動物性蛋白質

 

今回は、

動物性蛋白質を摂取した時の身体の反応とは?

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

前回は、

植物性蛋白質と動物性蛋白質の

メリットやデメリットをお伝えしました。

 

今回は

動物性蛋白質を摂ったときにどうなるのかをお伝えします。

 

動物性蛋白質の例えば肉類は純粋なエネルギー源ではなく

【窒素】

が含まれています。

 

窒素はそのまま体内に取り込むことができないので

肝臓で代謝する必要があります。

そうするとアンモニアが発生し、それを肝臓が尿素に変えて

腎臓に運びアンモニアを濾過して尿として排泄されます。

 

これで窒素の代謝の過程が終了するわけです。

 

例えば、

肉をたくさん摂取している患者さんがいらっしゃったとしたら

間違いなく過剰に窒素が増えて、尿酸が高くなっている状態なので

高尿酸血症が起こる可能性もありますし、

更に肝臓や腎臓にも負担がかかってしまいます。

 

なので、

内臓治療と栄養学を組み合わせてやるのであれば、

 

例えば

肝臓や腎臓疲労があるとすると、

そこが疲労している要因は何なのかというのを探っていくときの

1つの選択肢として、

 

例えば動物性蛋白質の摂り過ぎがあったとしたら

そこを指導してあげて、それを解消させることで

こちらの施術をした後の日常生活で気を付けて頂けると

肝臓や腎臓の治療効果が更に高まりますので

 

このように栄養学の知識を臨床に使って頂きたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92