動物性蛋白質とリン酸と脱灰の関係

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

動物性蛋白質を過剰摂取した時のもう1つの問題とは?

というテーマでお伝えしました。

前回の復習はこちらからどうぞ

動物性蛋白質を過剰摂取した時のもう1つの問題とは?

 

今回は、

動物性蛋白質とリン酸と脱灰の関係

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

前回は、脱灰についてお伝えしました。

 

お肉を食べると身体が酸性に傾くので、

身体を中性に保つために

アルカリ性の骨のカルシウムを体内に戻すことで

体内のphを調整するということでした。

 

これが起こり過ぎると

骨粗鬆症や血管内に沈着したカルシウムによって

血流が悪くなったり、動脈硬化が進んだり、神経伝達が悪くなって

色々な痛みを引き起こすということをお伝えしました。

 

更に動物性蛋白質と言うものは、

リン酸が多く含まれています。

 

カルシウムとリン酸の体内のバランスは

【1:1】がベストなのですが、

なかなかならず、カルシウムが不足している状態になります。

 

そして、

パラトルモンというホルモンが分泌され、脱灰が促進します。

 

リン酸はハムやソーセージなどの加工肉食品や

保存料・着色料に多く含まれています。

 

患者さんの問診や内臓治療で肝臓、腎臓が疲労している場合に

どういった所が問題で疲労しているのかというところを

生活レベルで考えた時に、

 

例えば蛋白質の問題はOKでしたとなった時に、

加工肉食品や保存料・着色料のあるものを普段から摂取していないかなど、

そういった所を臨床で栄養指導する上で重要になってきますので

その辺りも踏まえての問診、治療、栄養指導の幅を広げて頂きたいと思います。

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92