初めまして! INFINITYの石原大祐です。

はじめまして!

INFINITYの石原 大祐と申します。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

石原大祐(イシハラ ダイスケ)と申します。

群馬県出身 柔道整復師 10年目 石原整骨院の院長として地域医療に貢献させていただいております。

 

私の幼少期はぜんそくやアトピーに悩まされ、風邪の季節には風邪をひき、スポーツをすればケガをする、そんな子供時代を過ごしてきました。

旅行や友達、親戚と遊ぶことも制限される時もあり
10歳のころまでぜんそくの発作がでると、母親におんぶされ病院に運ばれた記憶があります。

スポーツをやれば陸上部では、膝や踵が痛くなり
柔道をやれば、肩や首を痛め
バスケットをやれば膝や足首や腰を痛めました。
スポーツ人生はケガとの戦いでした。

不調やケガから縁が切れない私は様々な病院、整骨院へいきました
そんな日々が私をこの職業に興味が湧きはじめたきっかけだったと思います

 

私の治療家人生は多くの失敗とその中で得られた気づきの連続でした。
柔道整復師の学校へ行きながら整骨院で修業の日々
結果のだせない僕は当時の院長には毎日のように怒られました

そんな事があり多くの知識や技術を覚えることに没頭する毎日でした。
週末の度に本屋へ行き様々な書物などを読みあさり、知識を得るたびに患者さんに話、使い、また新たな知識をえる。そんな日常でした。

その生活になれたころ、患者さんを治せる割合少しずつ増えてきました。

 

しかし、ある時ふと止まった時期がありました
改善率の良い患者さんと悪い患者さんが出始めました。

そんな時僕は、良くならない患者さんは、僕が見ていない生活が悪いからだと思い込み、普段の姿勢や、食生活などをズカズカと指摘していきました

またこれが中途半端にあたるので患者さんのグウの音が出ないようにまで言いました。

お気づきの方もいると思いますが、患者さんの納得していないきつい指導は、治らない事を人のせいにしている言い訳でしかなかったのです。

 

そのこと事に気がつき、(今でもこの癖は油断するとでてきてしまうのですが)
患者さんが良くない生活をしてきた際には意識して「人間ですからね」とねぎらいの言葉をかけるようにしています。

 

その結果、なぜか患者さんの反応と治療の改善率が上がってきました。
同じ説明同じ施術にも関わらず
さらに患者さんから声をかけられる回数も増え
悩みの相談を受ける数も増えてきました。
その相談を受けなければ解決できなかった症状もありました。

 

もちろんうまくいかない時もありますし、まだまだ至らないところもあります。

患者さんの症状やお悩みが1%でも良くなるように日々勉強する気持ちもあります。

これからも私の気づきや失敗談などを発信できたらと思っております。

 

INFINITYのメンバーは、それぞれの分野で熱い思いを持って活躍している方々です。私たちも日々失敗しながらも成長しています。

この文章を読んで頂いた勉強熱心な先生方にセミナーなどでお会いできることを楽しみにしております。

本日は最後までご覧頂き、本当にありがとうございました。

石原 大祐

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92