糖化がダメージを与えるタンパク質は?

こんにちは!

『健康のあり方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY関西支部長健康マイスターの松本悠作です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

今回は、

糖化がダメージを与えるタンパク質は?

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

前回のブログでは

糖を摂りすぎると

血中に糖が溢れ、

タンパク質と結合し糖化を起こす、

その終末糖化産物のAGE

 

・糖尿病合併症

・高血圧

・認知症

のリスクを上げるとお伝えしました。

 

今回は

もう少し具体的に見ていきます。

 

糖化がダメージを与えるタンパク質は

 

・細胞を支えるコラーゲン

・神経を支えるミエリン

・赤血球の膜

 

・血管内皮細胞膜

・酸素を運ぶヘモグロビン

・抗酸化酵素

 

・アルコール分解酵素

・エネルギー利用酵素

・血中タンパク質

 

・免疫タンパク質

・甲状腺ホルモン

・インスリン

 

こんなにも多くの

タンパク質を傷つけます。

 

これから連想するだけでも

糖化があらゆる病気の引き金

になることが想像できます。

 

この「糖化」を防ぐためには

前回お伝えした、

 

高AGE食品を控えること

 

に加えて、

 

蒸す→茹でる→煮る調理法で

長時間の加熱調理を控えること

 

日常の調理へ取り入れてみてください!

 

高温での加熱はAGEの産生を促進します。

 

食材から調理法まで

気を使うことは大変なことです。

 

私たちは美味しい食べ方を

知り過ぎています。

 

それでも、

将来の自分に不安がある方

不調に悩まされている方

少しでも参考になればと

発信しています!

 

普段の買い物で一回でも

お菓子へ伸びる手が止まれば。

ジュースがミネラルウォーターへ

変われば。

 

と私たちは願っています!

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また来週!

松本悠作

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92