生理痛と栄養

おはようございます!

『健康のあり方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 関西支部長 健康マイスターの松本悠作です。

今回は、生理痛と栄養

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

 

本日は生理痛に影響する油。

オメガ3とオメガ6のメカニズム

についてお伝えします。

 

月経前症候群と言われるPMS。

子宮の過剰な収縮によって

痛みが誘発されると言われています。

 

子宮を収縮・弛緩させるのは

プロスタグランジンという

生理活性物質です。

 

このプロスタグランジンは

オメガ3から作られると弛緩

オメガ6から作られると収縮

に働きます。

 

オメガ3を多く含むのは、青魚、亜麻仁油、しそ油

 

オメガ6を多く含むのは、サラダ油、大豆油、コーン油

 

現代人は西洋食に傾いており

オメガ6:オメガ3=50:1のバランスになっています。

生理痛は他にも様々な影響を受けていますが、

他に思い当たる原因が無い場合には、

食事を見直してみてください!

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

松本 悠作

 

Infinity【セミナー情報】

 

Infinity【公式メルマガ】

INFINITY