仙腸関節の臨床的思考法

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

臨床道場! 道場主  技術コンサルタント 石原大祐です。

 

 

人体の中心部、

骨格の基礎など臨床状とても重要な部位ですが、

教科書的には平面関節と言われますが

果たして臨床状はそれで足りるのでしょうか?

 

私のイメージでは、

股関節や肩関節と同じように、

様々な方向に動く

「多軸関節」と同じ感覚です。

 

上下、左右、回旋、などありますし、

関節面自体がL字型な為

上半分と下半分とで軸がかわります。

 

詳しくは動画を↓

 

 

臨床現場では、

教科書的な表現を超える必要が出てきます。

 

教科書は先人たちの知恵の結晶で

とても素晴らしいものです。

 

しかし最低限度のベースであって、

臨床の現場には足らないケースも出てきます。

 

我々が後世の医療人の為にも、

自分たちの子供の世代の健康にも貢献できる様に

日々アップデートし続ける必要があるのではないのでしょうか?

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!
 
石原大祐

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92