主食と副食の正しい食べ方とは?

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

なぜフルーツは1種類しか食べてはいけないのか?

というテーマでお伝えしました。

(前回の記事はこちら)→なぜフルーツは1種類しか食べてはいけないのか?

 

今回は、

主食と副食の正しい食べ方とは? 

というテーマでお伝えします。

あなたは、

主食や副食の正しいた食べ方を意識した事はありますか?

米、パン、麺、芋類の炭水化物、肉、野菜、魚、油の摂り方

についてお伝えします。

 

いきなりですが、

あなたは

主食をどのように食べてますか?

 

ラーメンに無料ライスとか、

米を食べた後にデザートでドーナツやケーキやパン食べたりとか

してませんか?

 

基本的に主食は1食に1種類が原則です。

 

理由は、前回の記事でもお伝えしましたが、

炭水化物(糖質)同士なので、消化酵素の無駄使いや消化に負担がかかります。

主食であるご飯、麺、パン、芋は別々で摂るのがベストです。

 

さらに食後に

フルーツを一緒に摂るのも消化に負担がかかる

と言われています。

 

これも理由は同じです。

 

朝、ご飯を食べるならご飯だけ、

逆にフルーツを食べるならフルーツだけ

にする事をオススメします。

 

私は実際に実験してみましたが、

この食べ合わせを意識してから、

午後の眠たさや集中力の低下がほとんどなくなりました。

 

それだけ消化に関連する内臓へ血流を送る事が少なく済んで、

脳の血流を維持できたという事です。

 

次に副食に関してですが、

これはいたってシンプルです。

「肉、野菜、魚はすべて混ぜてもOK」

です。

 

糖質は人を動かすエネルギー源として重要ですが、

摂り方を少しでも間違えると消化に負担をかけたり、

糖化反応が起こったりと、身体に色々な問題が生じてきます。

 

この機会に自分やご家族の食生活を見直し、

そして、特に肝臓、膵臓が疲弊して、

糖質過多で様々な不定愁訴を引き起こしている患者さんには

是非、教えてあげて下さい^^

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日のメルマガはいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92