臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜まとめ〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜part3〜

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜part3〜

 

今回は、

臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜まとめ〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

前回までは、

現象⇔身体状態⇔身体機能の3つのフェーズで

考える必要があるとお伝えしました。

 

今回は

内臓治療や栄養学の使い方

に絞ってお話します。

 

 

まず『なぜ』起こっているのか?

という原因思考と

 

『どうして』

その症状は起こる必要があったのか?

という目的思考で

考えていきます。

 

前回も例に出しましたが、

アトピーやアレルギーの患者さんだったら

 

身体に溜まっている毒素を身体で処理できないため

皮膚で表現しているので、

【身体状態】としては

 

排泄、同化(消化吸収)、適応(免疫)、循環

などを診ていきます。

 

更に患者さん自身の

4つの機能のどこが問題なのかを

問診や検査などで評価し、

それに関連する治療や食事指導などをしていく

という流れでします。

 

そしてまた変化があれば、

現象⇔身体状態⇔身体機能を

サイクルして考えていくようにする

思考過程がとても大切になってきます。

 

内臓治療や栄養学に関連する話ですると

現象⇔身体状態⇔身体機能の3つのフェーズで

患者さんの解決したい症状を

自分なりに考えて

臨床でアレンジして生かして頂きたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92