臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜part3〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回は、

臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜part2〜

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ

臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜part2〜

 

今回は、

臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜part3〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

前回までは、

現象⇔身体状態⇔身体機能のうちの

現象と身体状態までお伝えしました。

 

アトピーやアレルギー性皮膚炎を

例えにお話ししていますが

排泄、同化、適応、循環が落ちている状態になります。

 

 

では、

その身体の状態を患者さんに

当てはめていく作業をしていくのですが、

患者さんに問診などをして

 

排泄の中で肝臓が疲れているのか?

同化でも消化液が出る環境なのか?

適応(免疫)なので脾臓や副腎がどうなのか?

 

というのを

実際の身体でチェックしていきます。

 

シンプルに捉えて状態を表し、

それに対して

その方は実際どうなのか?

という風に考えた上で

そこから治療だったり栄養指導というように

上手く繋げていけば

必ず患者さんの悩みは解決することができます。

 

内臓治療や栄養学は

考え方が大事になるので是非、

現象⇔身体状態⇔身体機能

という考え方を覚えて頂きたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92