臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜part2〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回は、

臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜part1〜

というテーマでお伝えしました。

 

今回は、

臨床で不定愁訴や難治症状を解決する為の思考法〜part2〜

というテーマでお伝えしていきます。

前回は、

現象 ⇔ 身体状態 ⇔ 身体機能

というように抽象的なところから

具体的なところに持って行くという作業が

必要だということをお伝えしました。

 

 

そして

アトピーやアレルギー性皮膚炎を

例えとしてお話し、

どうして起こる必要があったのか

ということを考えていくときに、

 

やはり

身体に悪い毒素や溜まっているものを

身体の中で処理しきれないので

皮膚などで表現している現象

になっています。

 

 

では、

身体状態としてはどうなのか?

というフェーズに移るのですが

 

そこで考えるのが

イネートインテリジェンス

(ヒトが本来持っている機能)

考えていく必要があります。

 

排泄

 身体の中の毒素が出せない

同化

 質の良いものがまず取り入れることが出来る状態なのか?

適応

 免疫

循環

 いらなくなったものを排泄して、良い栄養を血液に乗せて全身に循環できるか?

 

 

主にこの4つの身体の状態というのが整えば

 

必ず今回の例の

アトピーやアレルギー性皮膚炎は良くなります。

 

 

ではその方の

パーソナルとなった時に

身体機能のところで

具体的に見ていくというフェーズになります。

 

次回は

身体機能のフェーズ

についてお伝えしていきます。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92