トランス脂肪酸の特徴と食品

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

飽和脂肪酸の特徴

というテーマでお伝えしました。

 

今回は、

トランス脂肪酸の特徴と食品

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

トランス脂肪酸とは植物油に水素を添加させて

化学変化を起こして作られた

自然界にない分子構造をとった脂質です。

 

この分子構造に似ていると言われているのが

プラスチックです。

なので、食べるプラスチックとも言われています。

 

考えただけでも、

相当悪いものだとわかりますよね??

 

海外などでは規制されていて、

アメリカでは全廃が決まっているような状況です。

規制されていないのは日本だけです。

 

なかなかそういった情報も一般の方々には

伝わっていなくて

病気や体の不調がどんどん起こっています。

 

そのトランス脂肪酸がどのような食品に

含まれているのかと言うと

 

代表的なものはマーガリンです。

 

パンにつける単体のマーガリンであったり、

パンやお菓子、

甘味、ファストフードなど袋の裏の表記などに

 

マーガリンショートニング

植物油脂と書かれているものは

トランス脂肪酸です。

 

摂取するとどんどん体が悪くなり、

病気になってしまうので

できるだけ体の中から排除した方がいいです。

 

患者さんの食事指導も大切ですが、

自分自身の健康というのも

セラピストにとって大切なので、

 

トランス脂肪酸に気を付けて頂いて

その上で患者さんにも是非、

指導して伝えていって下さい!

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

それでは、また明日!

 

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92