コレステロールの供給源

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

コレステロールの役割とは?

というテーマでお伝えしました。

 

今回は、

コレステロールの供給源

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

前回は、

コレステロールの4つの

役割についてお伝えしました。

 

ここで大事なのは

脂質からコレステロールに変わるので

脂質の摂り方を間違えると

質の悪いホルモンや細胞ができてしまうことになります。

 

特に副腎皮質ホルモン、

女性ホルモンに関係しているので

女性ホルモンに関係する婦人科症状やアレルギーなどにも

大きく関係してきます。

 

では、

コレステロールの供給源はどこなのでしょうか?

 

主に2つあります。

①食事

食べた物からコレステロールを蓄える。

②体内合成

肝臓で体内にあるものを使ってコレステロールを合成していきます。

体内合成の方が食事の3倍コレステロールを合成していると

言われています。

 

なので、

肝臓の機能が落ちていると

コレステロールの体内合成能力自体も落ちてしまうので

栄養指導とミックスさせて、肝臓を徒手で調整してあげることが

とても重要になってきます。

 

小腸から吸収された血中コレステロール濃度が高い場合は

体内合成は抑制されますが、

コレステロール摂取不足となると体内合成が促進されます。

 

是非、

この身体の仕組みを踏まえた上で臨床での内臓治療や

分子栄養学に基づいた栄養指導を実践して頂ければと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92