心理的ポジショニング〜生存レベル〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

Infinity 代表の川西翔太です。

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます!

 

 

前回は、

下顎骨の調整

というテーマでお伝えしました。

復習はこちらからどうぞ
下顎骨の調整

 

 

今回は、

心理的ポジショニング〜生存レベル〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

今回は

心理的ポジショニング〜生存レベル〜

と言うお話をしていきたいと思います。

 

 

一体何なのかと言いますと、

特に患者さんと関わる時に

どのような心の立ち位置で患者さんと関わっているか

と言う目的意識のレベルになります。

 

心理的ポジショニングには

生存

維持

満足

貢献

の4つがあり、

自分がどの立ち位置にいるのかを知る必要があります。

 

 

 

今回は生存レベルについて

お話ししたいと思います。

 

 

 

基本的には、

自分に対しても他人に対しても諦めや不満、自信がないなどが挙げられます。

 

例えば

患者さんの治療がなかなか良くできない時に

どうせ自分なんて・・と諦めてしまったり

あの患者さんだから仕方ない・・と他人のせいにしてしまって

諦めや不満を持って仕事をしているような方が生存レベルの方です。

 

 

まずは自分がどのポジションにいるかを知ることが

重要になって来ますので、

今回は生存レベルを知っていただければと思います。

 

次回は維持についてお話ししていきますので

楽しみにしておいて下さい。

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

Infinity【セミナー情報】

 

Infinity【公式メルマガ】

INFINITY