患者さんの来院回数別コミュニケーション方法〜part3〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ブログをお読み頂き、

ありがとうございます!

 

前回は、

患者さんの来院回数別コミュニケーション方法〜part2〜

というテーマでお伝えしました。

 

今回は、

患者さんの来院回数別コミュニケーション方法〜part3〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

 

前回までは

6回目位までの患者さんとの関わり方

についてお話しました。

 

7回目以降になると

患者さんの要望が

変わってきます。

 

痛みがあった方の

痛みがどんどん解消されて

生活が送れるようになってきたときに、

次の目標が出てきます。

 

NeedsからWantに変わる

ということなのですが、

 

腰痛がなくなったから

次は肩コリや不定愁訴を

どうにかしてほしいなどに

変わってきます。

 

なので、

再問診が必要になります。

 

改めて

患者さんと問診をして、

目標の再設定をし

共有をします。

 

さらに

次の目標に向けて

一緒に二人三脚でやっていく

という形を取れれば、

 

患者さんの

心も体も人生までも

サポートすることにつながりますので

 

是非、

このコミュニケーション方法を実践してみて下さい!

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

 

追伸

いよいよINFINITY分子栄養学×内臓治療セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92