感情と観念と在り方の関係

 こんにちは!

 

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』 

 

Infinity 代表の川西翔太です。 

 

いつもInfinity公式ブログをお読み頂き、ありがとうございます! 

 

 

今回は、 

 

感情と観念と在り方の関係 

 

というテーマでお伝えしていきます。

 

動画でよりわかりやすく説明していますので是非ご覧ください。 

 

 

Infinityでは人を診るという点で

アウターやインナーだけではなく、 

メンタル面(その方の生き方や感情など)にも

アプローチしていくのですが、 

コンテンツを知るのも大事ですが、

本質的な考え方を知っておく必要があります。 

 

まず、感情を検査する前に知っておかなければならないのは、 

在り方(自分の強み・生き方・考え方・価値観など)です。 

 

 

 

人は在り方だけでは生きてはいけないので、

観念を身に付けます。 

観念を通して感情を抱いたり、考えたり、言動、振る舞いをしています。 

 

同じ言葉を言っても怒る人と怒らない人がいますよね? 

 

それは私がその言葉を言って相手を傷つけているのではなく、 

感情というのは観念を通して物事を判断しているので 

その人が持っている観念でその人が傷ついているのです。 

 

 

では、その観念は誰が作ってきたのかと言うと 

 

今まで関わってきた先生や友人、職場、家族、社会、情報などにより 

観念が形成されていきます 

 

まずは在り方・観念の関係を知って頂いて、

役立てて頂きたいと思います。 

 

 

実際に患者さんでガンなどをなんとかして欲しいと言う主訴で

来院される方が多いのですが、

その方を診ていく上で、 

肉体・栄養・環境面・細菌感染など大事なのですが、

根本を辿っていくと感情に問題があったりします。 

 

 

そのような方には 

 
『今までこのような感情を抱いたことはありませんか?』 

『今まで生きてきた中でどのようなことがありましたか?』など 

 

患者さんと分かち合い、話をしていく上で

患者さんに気づきが生まれます。 

 

感情の奥には自分の観念やパターン、

誰かの影響を受けている所があると言うことです。 

 

ここまで知った上で、

しっかり感情を評価し、

患者さんとこれまでの人生体験を分かち合うことで

相手に気づきを与えてあげます。 

 

 

やはり、

人を診ると言うのは、手技療法だけに頼るのではなく 

本質的なところを知って患者さんと関わることが大切だと思いますので 

ぜひそのような所を気づいていって頂きたいと思います。 

 

 

まずはそれをする上で自分の在り方や観念が何なのかを 

知らないと相手のことがわかりません。 

 

Infinityでは自分自身の成長を通して人や社会に貢献している協会です。 

本質的なところや深い所を診ていく技術を学びたい方は 

是非Infinityのセミナーにきて頂きたいと思います。 

 

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました! 

 

それでは、また明日! 

 

川西 翔太 

 

 

追伸 

①5月開催間近のMHPプロフェッショナルコース説明会 

人の本質を知り、アウター・インナー・メンタル全ての 

検査・治療を学びたい方はこちら 

https://goo.gl/tvTw5o 

 

 

②6月開催の感情ストレスアプローチセミナーは残席3人となりました。   
症状とメンタル面の関連性を診れるようになりたい方はこちら 
https://goo.gl/Coj7Vm 

 

Infinity【セミナー情報】

 

Infinity【公式メルマガ】

INFINITY