オメガ6と炎症と痛みの関係〜Part1〜

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

オメガ3と炎症と痛みの関係〜part2〜

というテーマでお伝えしました。

 

今回は、

オメガ6と炎症と痛みの関係〜part.1〜

というテーマでお伝えしていきます。

 

オメガ3は炎症を抑えてくれたり、

痛みを和らげる作用があります。

 

では、

オメガ3と反対の作用のオメガ6

どのような作用があるでしょうか?

 

オメガ6も肝臓で代謝されて

『アラキドン酸』に変換され、

『プロスタグランジン』や

『ロイコトリエン』という局所ホルモンを出します。

 

プロスタグランジンは疼痛誘発物質(痛みや慢性痛)です。

 

例えば、

生理痛などです。 

 

ロイコトリエンはアレルギーなどに

関わってくるもので、

ヒスタミンの1000倍強いと言われています。

 

なので、

オメガ6ばかり摂ってしまうと

慢性痛が出たり

炎症やアレルギー症状も助長してしまいます。

 

以上を知った上で臨床でも

栄養指導をして頂ければと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92