オメガ3と抹消血管の関係

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

オメガ6と炎症と痛みの関係〜part.2〜

というテーマでお伝えしました。

 

今回は、

オメガ3と末梢血管の関係

というテーマでお伝えしていきます。

 

循環機能が悪くなって、

不定愁訴などそれ以外の症状もなかなか

治っていかないことが

臨床では多いと思います。

 

やはり循環機能を高めることは

とても大切なことです。

 

栄養や酸素などを身体の隅々まで

循環させる機能を取り戻すことも

大切になってきます。

 

オメガ3は基本的に細胞を

柔らかくするので

血管の柔軟性を高めてくれて、

赤血球の細胞膜の柔軟性も高めてくれます。

 

赤血球の大きさは8μ(ミクロン)

という単位の大きさです。

脳や心臓の毛細血管は4μ

筋肉の毛細血管は6μ

 

脳や心臓、筋肉の末梢血管より

赤血球の方が大きいですよね?

 

なので、

赤血球が末梢血管のサイズに入り込んで行ける

くらいの柔軟性が必要になります。

 

オメガ6ばかり摂っていると

赤血球の柔軟性がなくなり

脳や心臓、筋肉などの末梢血管に

赤血球が入っていけないので

 

血流が悪くなり機能が改善していかないという

患者さんがとても多いです。

 

血流面で考える上で1つポイントになるのは

脂質のオメガ3という観点も頭に入れた上で

患者さんに接してもらうと

意外なところから改善の糸口が見つかるので、

是非臨床でアプローチして頂ければと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92