アレルギー性皮膚炎患者さんへの指導方法

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 代表の川西翔太です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

今回は

アレルギー性皮膚炎患者さんへの指導方法

というテーマでお伝えしたいと思います。

 

以前、

皮膚と腎臓の関係について、

皮膚は第3の腎臓という事をお話しました。

 

汗かきの人は、腎臓が弱っているのを皮膚が代わりに働いて、

汗によって体温調節や解毒を行っているということでした。

 

他にも皮膚は第2の腸とも言われます。

 

腸が汚れているとアトピーなどが

起こり易いという話しは有名だと思います。

 

腸や腎臓に負担がかかっていると

それだけ皮膚にも負担をかけることになります。

 

なので、今日は皮膚自体にアプローチする方法をお伝えします。

 

まず、覚えておいて欲しいのは

皮膚は弱酸性であり、常在菌がたくさん潜んでいます。

そして、常在菌は酸が大好きだということです。

 

ということは、

アルカリ性の石けんや化学物質がたくさん入った

ボディソープなどを使うと、常在菌が死んでしまうことになり、

どんどん皮膚が弱っていってしまいます。

 

さらに皮膚は吸収率が異常に良いので、

このような成分の50%は血液中に入り込んでしまいます。

 

なので、

先ず出来る事としては、

弱アルカリ性のオーガニックの石けんを使うなどをした方が良いです。

 

特に女性や男性器を洗う際は、使わない方が良いです。

女性の膣なんかは、

吸収率がさらに高くなるので特にですね。

 

他には、

オーガニックのココナッツオイルやオリーブオイルを

皮膚にべたべたと塗っておくと、

常在菌の餌になるので、いっぱい増えてくれて、皮膚のケアになります。

 

以前、

成人のアトピー性皮膚炎患者さんに、

保湿剤の代用品にオーガニックのココナッツオイルを使って頂きましたが、

皮膚の痒みやひび割れも防ぐ事ができ、好評でした。

 

是非、

アレルギー性などの皮膚の悩みを抱えてらっしゃる患者さんの

要望にも応えたいという方は、お試し下さい!

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

川西 翔太

 

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92