『ファスティング体験談』

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 理学療法士、スポーツトレーナーの古谷 琢です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

 前回は、

『治療効果をあげるための方法⑥[技]』 

という内容でお伝えしました(復習される方は上記からどうぞ)。

 

今回は、『ファスティング体験談』

という内容でお伝えしていきたいと思います。

 

先日、

私が行ったファスティングについて

『 体験談 』 という形でお伝えしたいと思います。

 

まず、

ファスティングというのは日本語で言うと

断食と言われているものです。

 

断食と聞くと飲み食いを一切しないで

食を断つというイメージが強いと思いますが、

私が実際にしたファスティングはそうではなくて、

ミネラルファスティング 』 というものです。

 

ファスティング中はマナ酵素(ドリンク)

アミノマキア(アミノ酸)

摂りながらやっていました。

 

私の場合は筋肉を落としたくなかったので、

アミノ酸を摂りながらやれる方法で

今回はやってみました。

 

ファスティングの目的としては

ダイエット

内臓のデトックス

体質改善  

などがあります。

 

私の場合は日々、

内臓が疲れているなど感じていたので

内臓のデトックスを目的として

今回はやっていきました。

 

実際にどのような感じでやっていったかというと

準備食を3日間

ファスティングを3日間

回復食を3日間

という流れで計9日間行いました。

 

この9日間はスムーズにいったわけではなく、

やはりファスティング初日にお腹が空いてきたり、

マナ酵素(ドリンク)が美味しくないなと

感じたりと苦労しました。

 

内臓が良い状態ではないと、

この様に感じることがあるそうです。

 

私もファスティング2日目以降は

大変美味しくこのマナ酵素(ドリンク)を

飲める様になりました!

 

けれどもやっていくうちに

内臓の中の悪い物の解毒を

どんどん進めることができ、

便もしっかり出て最終的には

出るものがないくらい内臓が

スッキリした感じがありました。

 

私が実際にやってみての感想ですが、

体調が良くなり、身体が軽くなりました。

 

私自身、

食べることが大好きなので

少しファスティングは物足りなさを感じましたが

改めて9日間やって食の大切さや

ありがたみを感じました。

 

ファスティングは合う合わないが

もちろんあると思いますが

日々の食事のありがたみを痛感することができ、

 

食事を振り返ってみると、

もっともっと日々の生活が

豊かになるのではないかなと思いますので

興味がある方は是非やってみて下さい。

 

今日はこの辺りにしたいと思います。

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございました!

それでは、また明日!

古谷 琢

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92