「特別な施術方法だけが全てではない」

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 理学療法士、スポーツトレーナーの古谷 琢です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

今日は腰痛シリーズは一旦お休みとして、

最近私が臨床をしている上で感じたこと

「特別な施術方法だけが全てではない」

をお伝えしていきたいと思います。

 

今日は動画はありませんのでご了承下さい。

 

また、

今日書く内容はあくまで私個人の見解なので、

皆さん一人一人思うところもあると思いますがご了承下さい。

 

私は4月から整体院で重症な患者さんを担当することが多くなってきて、

今一度

自分というものに向き合わなければならない機会が多くありました。

 

それは重症な患者さんを担当すればする程、

自分で大丈夫なのか。

自分にできるのか。

このように不安に思うことばかりだったからです。

 

元々私は自分でもよくわかっているのですが、

特別な能力を持った臨床家ではありません。

 

エネルギー治療はできませんし、

感覚も特別鋭いわけでもありません。

 

たくさん努力しても果たしてそれがわかる様になるのか。

 

セミナー等でたくさんの治療家の方ともお会いしてきて、

自分の足りないところばかり浮き彫りになりました。

 

基本限界はないと思っていますが、

自分への物足りなさを日々感じていました。

 

それ故にいつも

「自信がない」

 

そんな状況のまま、

現在の整体院には重症な患者さん達が日々来院されてくる。

 

正直ノイローゼになるくらい日々悩んでいました。

奥さんにはその分迷惑をかけていました(今もかけていますが・・・)。

 

人一倍患者さんのために頑張りたいと思っていたのに理想と現実は違って思い通りにはいかない。

 

これは最初からわかっていたことで当たり前なのですが、毎日もがいていました。

 

これは自費診療=高単価というところも引っかかっていたと思います。

 

そんな状況だったために、

自信のなさから初診時に上手くいかないこともたくさんありました。

本当に苦しみました。

 

でもふと思いました。

 

私は背伸びし過ぎていると。

 

整体院に入ってから今まで培ってきたもの以外の施術方法であったり、

考え方ばかりしていました。

 

まさしく施術方法だけにフォーカスしてしまって

背伸びしている自分がいました。

 

私は基本的に患者さんが良くなれば

施術方法は何でも構わないと思っていますし、

自分にできないことをできる人は年齢問わず尊敬しています。

 

でも自分にできないことを

背伸びしてできる様にすることだけが全てなのか。

技術の自信ってゴールはあるのか?

自分自身に問いかけました。

 

その中で失った自信を取り戻すには、

今までの自分のやり方で自分なりの培ってきた経験で施術し、

知っていること、知らないことを患者さんにありのままに伝えていこうと思いました。

 

そして自分でわからないことは仲間にシェアして何でも聞こうと思いました。

 

そうやってもがきながらも日々取り組んでいるうちに、

上手くいかず悩んできた患者さんの症状に少しずつ変化や改善がみられてきました。

 

そのとき私は

「これは施術方法だけが全てではない」

「手段が全てではない」

とようやく気づくことができました。

 

これに気づかせてくれたのは、

INFINITYの仲間でもある

関東支部長、テクニカルアドバイザーである石原さんが

「臨床道場」の中でもおっしゃっていた、

 

施術方法ではなく、

大切なのはその前の「判断」

と教えてくれたことがきっかけでした。

 

多くのセラピストの方がより良い技術を求めます。

 

私もそうでした。

自分にできない技術を求め続けていました。

 

しかし、

今まで自分の経験や学んできた技術を最大限効果的に使えているか?

これが大事だと思いました。

 

そのためには

「判断」=「評価」

だと自分は気づきました。

 

当たり前ですよね。

でもその当たり前に以外と気づかないものです。

 

「評価」が適切で的確であれば、

あとは今まで自分で身につけて実践してきた技術でも充分効果を出せる。

これに気づけたことは大きかったです。

 

そのため今の私は施術と同じくらい

「評価」を重要視しています。

 

そして評価は、

私たちセラピストと患者さんとの

「身体の状態の共有」

という意味でも重要だと思っています。

 

そこでお互いに状態を理解して納得していければ、

そのとき初めて一緒に改善への道のりを歩むことができると思っています。

 

そしてもうひとつ今日お伝えしていきたいことがあります。

 

それは、

「あなたの目の前の患者さんは、

あなた自身に必要な時期に神様が巡り会わせてくれている」

ということです。

 

だからこそ、1日1日を大事にしていきましょう。

 

自分自身の停滞は患者さんにも影響が出ます。

 

そんなときはセミナーに参加するだけではなくて、

地に足をつけて自分自身に目を向けていくことも重要だと私は思います。

 

言いたいことばかり言ってしまいましたが、

私はこんなことを転職してからの1ヶ月間で学びました。

 

もし同じ様なことで悩んでいる方がいましたら、

このような文章でも後押しになればと思っています。

 

一緒に胸張って頑張っていきましょう!

 

今回はここまでにしたいと思います!

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

古谷 琢

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

 

 

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92