「治療効果をあげるための方法⑤[体〜part1〜]」

こんにちは!

『健康の在り方を選択できる文化を創る協会』

INFINITY 理学療法士、スポーツトレーナーの古谷 琢です。

いつもINFINITY公式ページをご覧頂き、ありがとうございます!

 

前回は、

「治療効果をあげるための方法④[心〜治療効果に繋がる会話術②〜]」

という内容でお伝えしました

(復習される方は上記からどうぞ)。

 

 

今回は、

「治療効果をあげるための方法⑤[体〜part1〜]」

という内容で今日はお伝えしていきたいと思います。

 

 

今日は

「体」という点をお伝えしていきますが、

これについては「心」ともリンクしてきます。

 

つまり

「体」が整えば「心」が整う。

「心」が整えば「体」が整う。

 

こういった関係性だと思って下さい。

 

 

しかし、

それらを整えるといっても

問題点や方法は各個人それぞれ違うと思います。

 

ここで重要なのは、

自分がどういう状態・状況下であれば

臨床において最高のパフォーマンスを出せるのかを

自己分析しておくことです。

 

なのでこれについては

正直、答えがありません。

 

例えば気持ちにムラがあるセラピストの方は、

自分の今までの経験・特徴を振り返り、

どうしたら穏やかな気持ちになれるかを追求します。

 

ここで重要なのは

セラピスト自身の「心」と「体」への意識です。

 

必ず意識していないだけで

自分の「心」と「体」の状態は

様々な環境や状況下で変化が生じているはずです。

 

今日は、

私が自分でこれらを追求したときに

検討した項目をお伝えさせて頂きます。

 

私がどんなことを振り返ってみたかというと、

①睡眠時間の確保はできているか

②バランスの良い食事(栄養)の摂取はできているか

 自分の体に合うものを摂取できているか

→血糖値のコントロール、エネルギーの摂取(ATP合成)、体調の観点から

③プライベートは充実しているか

④メンテナンス・ボディーイメージの構築ができているか

→セルフストレッチ・マッサージ、ボディーワーク(運動)

 =身体を緩める

 

この辺りを主に個人的には振り返りました。

 

 

その他にも数え切れない程、

色々振り返ったと思います。

 

①、②は

主に生活習慣の改善です。

まさに「体」の部分ですね。

 

③、④は

自分の「心」と「体」の状態を整える

という観点で

ここは2つがリンクするところですね。

 

 

皆さんはいかかでしょうか?

振り返ってみると意外とたくさん出てきますよ。

まずは紙などに書き出してみると良いと思います。

 

是非一度振り返ってみて、自分自身を見つめ直してみて下さい。

これは誰でも今すぐ行動さえ起こせればできることです。

ここに実は治療効果をあげるためのポイントが隠れているかもしれませんよ!

 

今日はこの辺りにしたいと思います。

次回は具体的にこの観点で

私が実際に実践してきたことをお伝えしたいと思います。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!

それでは、また明日!

古谷 琢

 

本日の記事はいかがでしたか?

感想や質問を頂けると嬉しいです。

メールにご返信でご感想やご質問をお願いします。

infinity.therapist@gmail.com

 

追伸

いよいよINFINITY 疾患別セミナー】が開催されます。

分子栄養学、筋骨格・内臓治療、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法を掛け合わせた統合的なアプローチ方法が学べます。

以下がセミナー詳細です。

追追伸

分子栄養学、内臓・頭蓋治療、筋骨格手技、ヨガ・ピラティス理論に基づく運動療法、メンタルケアを掛け合わせた統合的なアプローチ方法について、INFINITY公式メルマガにて配信しております。

興味のある方は、下記サイトよりご登録お願いします。

%ef%bc%92